ホーム
観光名所の紹介
食事・宿泊・温泉
イベント情報
特産物紹介
アウトドアー
勝山館跡 [ かつやまたてあと ]
 勝山館は、後の松前氏の祖である武田信広が、15世紀後半に築いた山城で、16世紀末頃まで武田・蠣崎氏の日本海側での政治・軍事・北方交易の一大拠点でした。

 現在も継続中の発掘調査により、瀬戸・美濃焼・中国製青磁などの5万点をこえる国内外産陶磁器や金属製品、木製品など10万点余りの出土品、建物・井戸・空壕・橋などの跡が多数見つかり、館内での様々な暮らしぶりがよみがえりました。

 さらに、近年、調査・研究で明らかになってきた城下町と併せて「中世都市」と呼ぶにふさわしい景観が見えてきました。また、もっとも注目すべきことは、当時アイヌの人々が使っていた500点余の骨角器が出土していることです。中世史研究の第一人者網野善彦氏は「この館にアイヌと本州人が混住していたことはほぼ明らかといってよいのではないだろうか。」(「日本海と北国文化」「北国の社会と日本海」小学館刊)と述べている。興味尽きないテーマを与えてくれる史跡です。
・面積 約350,000平方メートル
・昭和52年4月12日 文部省指定
・平成18年3月31日 史跡の統合、追加、改称 文部科学省指定
・管理団体 上ノ国町

勝山館のつくり
勝山館は、背後に標高159.1mの夷王山があり、両側面と正面には寺の沢と宮の沢によって深い急斜面となっている天然の丘を利用した山城です。夷王山地域を含めた面積は、約35万平方kmになります。中央の大地は三段の大きな平坦面からなり、後方は空濠、土塁、柵、搦手門で守りをかため、内部は溝、塀で区画して、掘立柱の建物と竪穴式の建物も見られます。東の方には侍屋敷跡があり、西の沢には井戸や木桶がおかれ、用水場所となっています。
最も高い所には、1473年の信広が創建した館神八幡宮があったといわれています。
 

勝山館跡ガイダンス施設
ここでは勝山館の200分の1の復元模型があり、ガラス越しに現地と見比べることができます。映像コーナーでは、北の中世史を解説するビデオが放映され、CGによる勝山館の復元や、発掘調査の出土品の展示、建物の地下には勝山館の人の墓が型取りして再現されるなど興味深い施設です。
開館時期 4月第4土曜日〜11月第2日曜日
開設時間 10:00〜16:00
入館料 大人200円(団体160円)
子供100円(団体 80円)
休館日 毎週月曜日(祝日と重なる場合は翌日)
国民の祝日の翌日
所在地 〒049-0061
北海道上ノ国町字勝山427 
連絡先 上ノ国町教育委員会
0139-55-2230
勝山館跡ガイダンス施設
0139-55-2400
交通アクセス 上ノ国町市街地から国道228号線で松前方面へ
道の駅手前を左折、役場から車で約10分
駐車場 無料有り
このウェブサイトは全国中小企業団体中央会の「平成21年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて開設いたしました
copyright © all rights reserved. kaminokuni cho