ホーム
観光名所の紹介
食事・宿泊・温泉
イベント情報
特産物紹介
アウトドアー
円空仏 [ えんくうぶつ ]
 寛文5年(1665)頃に北海道に渡った遊行僧円空(美濃の国出身)は、松前・蝦夷地を巡錫し、布教を行った。鉈(なた)一挺をもって仏像を刻むのに妙を得ていた円空は木端仏と呼ばれる仏像などをたくさん残したが、その仏像は慈悲に満ちた微笑みをたたえ、人々の心を和ませ信仰に導いたという。上ノ国町では、現在六体の仏像が観音堂、北村地蔵庵、石崎八幡神社、光明寺、旧笹浪家住宅に大切に祀られています。

見学の際は、必ず上ノ国町教育委員会にご連絡下さい。

・お問い合わせ先  上ノ国町教育委員会文化財グループ  電話:(0139)55−2230




※北海道指定文化財 十一面観音像等の円空仏が大切にまつられている場所。それが上ノ国観音堂です。

見学の際、ご連絡いただいた方には無料で拝観することができるため、上ノ国町のかくれた歴史名所となっております。

しかし管理等を行っている上ノ国観音講の構成員が少子高齢化により少人数となり、このままでは維持・管理が相当かかることから、閉鎖しなければならない危機的状況にあります。

全国の方に愛されているこの観音堂をこれからも続けていくために、みなさまの暖かいご支援、ご協力をお願いいたします。

上ノ国観音堂はみなさまからのご寄付をお待ちしています。


【ご寄付はこちらへお振り込み下さい】

・上ノ国観音講(かみのくにかんのんこう)

・代表者 小林 静子(こばやししずこ)

・住所 〒049-0612
     北海道檜山郡上ノ国町字上ノ国

・ゆうちょ銀行
  店名 九四八
  店番 948
  預金種目  普通預金
  口座番号  0468439

このウェブサイトは全国中小企業団体中央会の「平成21年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて開設いたしました
copyright © all rights reserved. kaminokuni cho