ニシン稚魚放流式

こんにちは!7月7日は七夕ですね、上ノ国町では、天の川橋には七夕飾りが施されています。

そんな中、上ノ国漁港では、第42回 全国豊かな海づくり大会北海道大会協賛「ニシン放流の日 inかみのくに」

ニシン稚魚放流式が行われ、上ノ国町観光協会も参加させていただきました。

昔、上ノ国町では、ニシンが大量に漁獲されていました。現在の旧笹浪家住宅は、ニシンが大量に獲れていた時代のニシン漁

を営んでいた旧家の1つなんです!現在では、ニシンの漁獲量が減少傾向にあり、平成21年より檜山のニシン資源増大の取り組みとして

毎年、檜山各地でニシン稚魚の放流を行っています。式では、ニシンが無事成長し、上ノ国町に戻って来る事を祈り、上ノ国保育所の園児たち

による、「ヨサコイ 南中ソーラン」を披露して下さいました!その後、ニシンの稚魚を放流し放流式は終了しました。

ニシン資源が増大するこの取り組みを今後とも見守っていきたいです。

園児・児童によるニシン稚魚放流                                                              

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。